単なる個人の感想だけど

By | 2016年8月19日

最近の保育士業界は、数年前とうってかわって良い意味でも悪い意味でもにぎやか。

注目が集まって、待遇改善などがすすんでいるのはとってもありがたいのですが、保育園がたりないあまり、きちんと知識をもっていない人が身分などを偽って保育士をしている・・・という状況や、それによって子どもがなくなってしまった、というニュースをみていると、本当にやるせなくなります。

一個人の保育士として最近感じていること


保育園を皿にしないで

保育園がたりない!というブログがひろまってから、「受け皿となる保育園が・・・」という言葉をよく聞きます。

でも、この言葉、ちょっと引っかかりませんか?

保育園は、保育園が必要な理由がちゃんとあります。それは、仕事にいくお母さん・お父さんの助けになる、というだけではありません。

保育園でしか身につけられない大切なこともたくさんあって、それを每日每日一緒に見守りながら身に着けていく場なんです。

「場所があればなんでもいい」というものではないんです。

著者

千葉県の保育士。40代女性。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページが見つかりませんでした – 【保育士求人市場に追い風】保育士の転職・復帰に思う事