Transit(トランジット)の不思議なご縁

By | 2016年8月19日

一悶着あるトランジット

トランジットが悪い、というわけではないのですが。

某航空会社のトランジットがある路線にのったときに機内で出会った子どもの話です。

そのフライトでは、となりの人に肘掛けを占拠されて、しかも肘掛けをはみ出てきて・・・とっても狭い思いをしました。

英語圏の方ではないようで、英語も通じません。そんなときに、その人の連れている子どもが「パパ、だめだよ!」的なことを言って、肘掛けを半分分けてもらえることに。

子ども、素晴らしい!そのまま素敵な大人になってほしいですね。

 

著者:千葉県の保育士。40代女性。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページが見つかりませんでした – 【保育士求人市場に追い風】保育士の転職・復帰に思う事